MENS 今年はピンクシャツを着る!モテ色チャレンジ

過去にピンクのトップスを取り入れるメンズファッションを特集しましたが、今回、春夏に向けてピンクシャツを個別に特集です♪
モテ色と言われているピンクをきれい目のシャツで取り入れるコーディネート術
軽いアイテムなので、気軽にピンクを取り入れてみてください

濃いピンク、薄いピンク、オレンジっぽいピンクいろいろあります
ブランド違いますがどちらもピンク色のシャツです

ピンクシャツとベージュパンツ

優しい色同士でややぼやけるかもしれませんが、ギョッとする違和感はないですよね

あまりぼやけるようなら、白っぽいベージュ(または「白」)パンツにするとさわやかさが増します
こうやって見ると、ジャンルを合わせれば、どうとでもできそうな感じはする

ベージュもトーンがいろいろあります
黄色が強いベージュ、グレーが強いベージュ
ビジネスカジュアルにも使える

パンツはリーゾナブルに

  • SPU
  • SPU
  • SPU
  • SPUTNICKS

ピンクシャツとカーキパンツ

カーゴパンツなど、ミリタリー系の強いアイテムに多いカーキ色ですが、ピンクと合わせると和らぎます
オレンジっぽいピンクシャツはカーキに合わせやすいです
こういう色

カーキパンツの選択肢
今年カーゴパンツをよく見かけますね

  • JOHNBULL
  • JOHNBULL
  • SPU
  • SPU

ピンクシャツとジーンズ

ピンクとブルーのデニムは夏の着こなしにお勧めの色合わせ
ブルーが入るとさわやかで、ピンクのシャツで人当たりがよさそうに見える
デニムはブリーチが強い、ライトブルーがおすすめです

ピンクシャツと黒パンツ

夏に黒、そしてピンクと合わせるとなるときつい色合わせですが
ピンクシャツのアレンジの一つとして
どちらかというと秋のはじめくらい、晩夏がおすすめではある

ブラックパンツの太さ、シルエットはお好みで
ゆるいパンツが流行っていますね

  • SPU
  • SPU
  • SPUTNICKS
  • SPU

ピンクはハーフパンツで何でも合わせる

せっかく夏なので、柄にもチャレンジを!
派手なシャツも夏休み、リゾートでハーフパンツと合わせればOK
ハーフパンツは白っぽい色、デニムならブリーチが強いものにすると合わせやすいです
シャツはビジネス使用ではなく、柄入りや、開襟でラフな感じがマッチしやすい

青・ブルーシャツの着こなしはこちら

メンズが選ぶピンクの色合い

細かく言うと、肌の色合いで似合うピンクがあり
大きく分けるとイエローベースとブルーベースに分かれていて、これを間違うと違和感が出るんです
ピンクのシャツを着た時に似合わない…と思ったら、ピンクが似合わないのではなく、トーンがあっていない可能性ありです。

顏ではなく肌色のトーンで似合う似合わないがあるんです
もう、これは永遠のテーマで
似合う色を自分で探すしかない

これは人によって異なるので、どちらがどうともいえないですが、
私の場合は、オレンジっぽいピンクが笑えるくらい似合いません

このモデルさんはさすがというか、どちらのピンクもあってる気はするんですが、
並べて比べれば、左のほうが似合っている気がする

  • POLO RALPH LAUREN

人種、日本人だからということではなく、本当に人によって違うので…
お店で顔に当ててみるのが一番いいんですが、面倒だったら安いTシャツで違うピンクを買って着てみると失敗しにくい

こちらのモデルさんは分かりやすい?!
ブルーっぽいピンクより、オレンジっぽい左のピンクほうが似合っていませんか

  • ALLOWED TO UNFOLD

どちらにしても色彩心理学などの専門的な知識が無くてもピンクの威力は明らかです
強面の人、きつくみられる人は特にピンクを上手に使うと交友関係も広がるのではないかと
普通の着こなしに取り入れたい男性にお勧めのピンクは左の薄いピンク
ピンクが薄ければ、違和感も出にくいので、初めてのピンクは薄めの色がおすすめです

長袖でゆったり着るのもかっこいいです

BEAMS LIGHTS

ちなみに、年齢は関係ない
好きなら着ればいい

素材で選ぶピンクシャツ

ビジネスカジュアル、ジャケパンスタイルでピンクシャツを着る場合は、オックスフォードというキーワードを選ぶといいです➡オックスフォード ストレッチシャツ

プライベートカジュアル、リゾート、休日に着るシャツなら春夏は「リネン」の素材を選ぶと、パンツなども合わせやすいです。ハーフパンツに合うのもこの素材で、涼し気な雰囲気が出ます🍸

大人におすすめピンクシャツ

シャツはサイズがぴったり合っていないと着こなせないので、サイズをよく確認☆
自分の胸囲を測ってみるのもおすすめします

ピンクを普通に着こなすなら薄いピンクがおすすめです
レジャー、アウトドアでは、少し日に焼けた肌には濃い目のピンクもかっこいい🐤
大人の男性なら、長袖と半袖で迷った場合、大人は長袖を腕まくりして着るほうがかっこいいです
という事で
選ぶポイント
・サイズ・胸囲の確認
・迷ったら薄いピンク&長袖

くすんだピンク、派手なピンク、柄入りピンクシャツ
こういうシンプルアイテムはブランドの個性がよく出ます
もともとシンプルなブランドは使いやすいので、オンオフ活用できそうですよ

上部へスクロール