30代~の好感度上がる秋の私服からの続きで、今回はジャケパン・通勤に使える社会人のビジネスカジュアルに使う服の選び方。

ビジネスでは印象操作が重要なので、自分のビジョンをしっかり持って服を選択です。
人は見かけで判断される!第一印象を覆すのは大変です。
「話せばいいやつなんだよ」という友達作りではないので、ビジネスは最初から印象を良くして円滑に。色彩心理学も利用です☆

ジャケパンブレザー選び

綺麗なブレザーを持っておけば、ビジネスカジュアルも、プライベートでのちょっとしたお出かけでも使えるので便利です
ARMANI EXCHANGE ブレザースタイル

防寒:ブレザーの下に着るベスト・ニット

外回り・表側の人なら、ニット素材よりはちゃんとスーツ素材のベストを着たり、寒さ対策はシャツの下でする方が仕事ができそうな人に見えます。
最近は薄いダウンをジャケットの下に着る人も多いですよね
ボタンを閉めなければ表に出づらいですし。
逆に、薄いベストはシャツの下に着るとより暖かいんですよ☆
ベージュ系を買えば透けにくい

いつもよりワンサイズ小さくして、こういうニットのベストをシャツの下に着るんです
見せない&脱がない前提ですが。
薄着に見えて、外から見ればかっこいいですw

職種によりますが、ブレザーにニットは、家庭的な雰囲気が出て、ふんわりした印象になるので、仕事モードは難しいかも

ベスト:NEW YORKER

スーツのブレザーやジャケパンコーデの下にベストやカーディガンを着たりするように、セーターを着る場合もあると思いますが、クルーネック(丸首)ではなく、Vネックが無難です。Vは深いほうがすっきりします。クルーネックのシャツは仕事というよりは、休日の私服カジュアルに。

ビジネス服は、職種や環境に合わせて選択です。

ジャケパンのパンツ ビジネスズボン

ジャケットに合わせるパンツ、スーツなら何も考えなくてもくっついているので楽ですが、ビジネスカジュアルになるとコーディネートが面倒ですよね。動きやすく、無難なパンツをシーズンごとに2,3本あれば季節は乗り越えられると思います。

ブラックパンツはジャケットと合わせにくいですし、そもそも男性はブラックスーツがビジネスにNGなので、ビジネスカジュアルとしてブラックパンツを持つ必要はないと思います。ブラックに近いチャコールグレーや、透明感を出したいならネイビーを選択です。

一般的に受け入れられるビジネスカジュアル
最近はどこまで崩せるか?!というせめぎあいですが、
一般的にはブレザー、シャツ、チノパン
この3つがビジネスカジュアルの組み合わせ

ネクタイは外していいよ。くらいなのが現状です

昨年からはステイホームということで、テレワークも広がりましたが
それでも、オンライン会議で、下はパジャマでも上はジャケット羽織るなど、どうしても崩さないですよね

最近はシャツみたいに薄い素材のブレザーや、涼しい素材でできたものもあるので、そこまで苦痛ではないかと思います
でも、ジャケット着るくらいなら、ネクタイ閉めた方が涼しくないか
ネクタイに氷嚢忍ばせられる設計にしたら、逆に熱中症対策にもなりそう

メンズ ブランドジャケットスタイル

あまり高すぎない、30代くらいのスタイルにちょうどいいブランド