2万円以下でも買える!男のモッズコートと安っぽく見せない方法

3万円以下のモッズコート特集からの独立
3万円以下でモッズ探していると、結構中途半端な金額なんだなと気づきまして…
かっこいいモッズコートは5,6万円するけど、3万円くらいのはあまりなくて、2万円以下のモッズコートが多かったです。という事で!
※価格は投稿時の表示をもとに掲載

2万円以下!のモッズコート

モッズコートといえば、色がカーキですよね
最近はいろんな色がありますが、定番のミリタリーグリーン系
上質なコットンを100%使用し、さらりとした風合いは見た目にも重苦しくない素材感

微妙な色違いですが、このモデルさんは明るいほうのグリーンが似合いますね☆
実はもう一色ブラックがあります。お好みで

薄くて軽いモッズコート

軽くて丈夫なリップストップナイロン素材を用いて、ミリタリーの定番アイテムであるモッズコートを薄手でさっと羽織れてかつ存在感のある仕上がり

メンズ モッズコート (日本製)

1万円以下のモッズコート

学生の強い味方、激安モッズコートです☆
一般的に短いものはその分安い。布地代なのか
真冬の防寒着という感じはないですが、季節の変わり目には重宝しそうです
となると、少し明るい色の方が映えそうなので、ベージュは人とかぶりにくそうです
ジーンズとも相性良さそうです♪

冬はタートルネックのセーターやウール調のパンツと合わせるとかっこ良さそうです
ブラウン系でまとめるとそんなに使いにくい色でもないと思います

モッズコート安っぽさを省くテクニック

やはり色んなモッズコートを見た人は、安いものとそうでないものの区別がついてきます。
人からどう見られようと、どうでもいいという男前な人はいいんですが、
簡単に安っぽさを省くポイントがあります。

1.付属のフェイクファーは取る
安いモッズコートにはだいたいペラペラなファーがついているものが多いんです。
これは取り外し可能な作りが多いので、外してしまいましょう☆
2.小物を合わせる!
マフラーやグローブ(手袋)をつけると結構見違える感じになりますよ!
特に大人の男性は小物をプラスしてグレードアップを⛄
たとえばブラックのモッズコート。学生なら右でもいいんですが、社会人だと子供っぽいですよね?そこでマフラーです。

質がいいに越したことはないですが、別に高いマフラーでなくてもいいんです。
付けるだけでも顔がパッと明るくなることもある☀

WE11 DONE

片方はべらぼうに高いです
手触り等は違うと思いますが💦 パッと見そんなに分からない
お洒落はブランド・お金ではなく、スタイルとセンスが重要ですね☆

ということで、もうひと手間!
3.ベルトやフードについている「紐」をコートの色に近い色に変更
これは、裁縫をする人でないとかなり面倒に感じるかもしれませんが、安い服の紐ってペラペラなものが多いんですよね

カーキ色のモッズコートなのに黒の細い紐とか、安いモッズコートはその辺の組み合わせは無視してデザインされている気もします。気になるようなら紐を付け替えましょう♪
Amazonにも売っていますよ。モッズコートを買った後に、紐通しの穴の直径をはかって購入。

東京リボン フレンチコード #19 8mm×11m

メニューを閉じる